情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > やさしくわかる請求業務 > 近接部位の考え方 > 近接部位の考え方

やさしくわかる請求業務
近接部位の考え方
(2/3)
近接、つまり近い場所の施術についてです。あまり近い場所を施術した場合は、一方を施術したときに、自然と他方も施術したことになるので、一方の部位しか療養費として請求できません。

● 近接部位として算定できない場合、算定できる場合
 実際には、近接部位は施術方法や固定の仕方、負傷の種類によって算定可能な部位もあります。
 また、部位はだいたい、上部、幹部(中部)、下部と3等分されていますが、療養費支給申請書には上部、下部に分けて記載し、この記載により算定できる場合もあります。
 近接部位として算定できない場合と算定できる場合を表にしましたので、参考にしてください。










 上記の表以外にも算定が出来ない3部位の近接部位として以下の場合があります。

(1) 左右の肩関節捻挫と頚部捻挫及び打撲
 左右の肩関節捻挫か頚部捻挫と左右どちらかの肩関節捻挫で算定

(2) 左右の肩関節捻挫と背部(上部、下部の記載関係なく)打撲及び挫傷 
 左右どちらかの肩関節捻挫と背部下部打撲及び挫傷で算定

(3) 右肩関節捻挫と頚部捻挫及び打撲と背部(上部、下部記載関係なく)打撲及び挫傷
 右肩関節捻挫と背部下部打撲及び挫傷、頚部捻挫と左右どちらかの肩関節捻挫
 頚部捻挫と背部(下部)の打撲及び挫傷で算定

(4) 左肩関節捻挫と頚部捻挫及び打撲と背部(上部、下部の記載関係なく)打撲及び挫傷
 左肩関節捻挫と背部下部打撲及び挫傷、頚部捻挫と左右どちらかの肩関節捻挫
 頚部捻挫と背部(下部)の打撲及び挫傷で算定

(5) 左右の顎関節捻挫と同側ではない顔面部打撲
 左右の顎関節捻挫、左右どちらかの顎関節捻挫と顔面部打撲


(次のページへ)
前へ 123 次へ


やさしくわかる請求業務の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。