情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 治療院開業マニュアル > 経営における目標設定とその達成法2 (前編)

治療院開業マニュアル
経営における目標設定とその達成法2 (前編)
治療院開業マニュアル6
今回は 「商品メニュー構成の再検討」 についてです。
院全体に消費者の求めているもの (事) を的確に提供できなければ、成功はおぼつきません。


 前回では最終目標である 「月収300万円」 を達成するための手段の一つとして 「来院患者100人/日」 が設定され、次にその 「来院患者100人/日」 という目標を達成するための手段の 「広告宣伝」 について述べました。



 今回は 「商品メニュー構成の再検討」 についてです。
 治療院の先生の中には 「ウチの治療院では商品は扱っていない。」 とおっしゃる方がいらっしゃいますが、私は治療技術そのものも商品であると考えています。治療技術と国家資格は3年をかけて専門学校へ通って取得したものです。

 入学金や授業料と言うお金に加え、時間や努力等という原価がかかっていると考えるのです。つまり、治療技術も仕入れた商品なのです。この考えですと新たな治療技術修得のための講習やセミナーも通常の商売でいう仕入活動にほかなりません。
  「月収300万円」 という経済上の目標を達成したいと思ったならば、これぐらい徹底した思考が必要です。この考え方で商品メニューを検討しますと従来までの見方とは大きく違ってきます。 



 まず、最初にご自分の治療技術 = 商品に関する分析 (どの様な治療や施術が得意か?) を行い、自分の商品がマーケットに適合しているか否かを検討する必要があります。東京都心で畑を耕す耕運機が売れないのと同様に、優れた商品でもマーケットに適合していなければ売れません。逆にマーケットが求めている商品は自然に売れるものです。


(次のページへ)


前へ 123 次へ


不正請求の実態の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。