情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 初めての会計教室 > 月次収支のつけ方、見方 > 月次収支のつけ方、見方

初めての会計教室
月次収支のつけ方、見方
(2/3)
自分の事業が儲かっているのか赤字なのかをどのように把握すればよいのでしょうか。
今回は簡単に毎月の儲けがわかる方法をお教えします。

発生ベースへの調整

 実際の仕事に対して入金が遅れることがあります。保険請求売上、自賠責売上などです。このような場合、会計上・税務上の売上はこの仕事をした月に入金がなくても計上するルールになっています。

 ここでは例として今月の保険請求売上が9 5 0 千円、自賠責請求売上が200千円だったとすると月次収支表の売上調整のところでこれを加算し、売上収入に計上した当月の保険入金700千円、自賠責入金150千円をマイナスします。
 これは今月治療したものではないからです。今月の現金収支マイナス100千円にこれらを加算減算すると会計上の利益がでてきます。会計上の利益は200千円のプラスでした。

 個人事業の場合はこの利益200千円に事業主報酬500千円を加算した700千円に対して所得税、住民税が課税されます。
 法人の場合はこの利益200千円に対して法人税等が、事業主報酬500千円に対して所得税、住民税が課税されます。

 このように税務上は現金収支ではなくて会計上の利益に対して課税されてしまいます。例示は月間ですが年間で現金収支が赤字でも会計上の利益が黒字だと課税され現金がないのに納税しなければならないのです。
 接骨院では保険請求を行い入金があるまでの期間が長いのでこの問題が実際に生ずるのです。保険請求し入金までの期間が6カ月だとすると常に6カ月分納税が入金に先行して生ずるのです。

(次のページへ)

前へ 123 次へ


初めての会計教室の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。