情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 個人情報保護関連 > 療養費請求に危機!? > 療養費請求に危機!?

個人情報保護関連
療養費請求に危機!?
(5/6)
今、治療院を取り巻く個人情報保護の状況はどうなっているのでしょう。何故個人情報の保護が必要なのでしょう。どうやって、個人情報を守っていったらいいのでしょう。
ここに治療院の個人情報保護に対して一つの提案があります。SPマーク制度といいます。

どうすれば個人情報を守れるの?

 行政の方面でも個人情報の扱いは非常に重要になってきているということが、おわかりになったと思います。

 でも、一般的にはどうすればいいのかわからないですよね。
 具体的に個人情報を守るためにはどうしたらよいのでしょう。
 漠然と思っていても個人情報は守れません。具体的にどのように守っていくと良いのかそのプログラムがないと、非常に難しいと思われます。
そこに、プライバシーマーク(Pマーク)などのコンプライアインスプログラム(個人情報をシステマティックに守る為のプログラム)がカギになります。一種のリスクマネジメントシステムです。
 だから、個人でいろいろと考えるより、第三者の認証をうけるために使うようなリスクマネジメントシステムが、個人情報を守る上で非常に効率がよく、重要になってくるのです。

 介護業界でも、介護事業者は情報開示を義務化し、更に自治体によっては第三者の評価を明記するよう指示されています。


プライバシーマーク(Pマーク)について

 プライバシーマークとは、(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)が1998 年より行っている 「個人情報保護に関する事業者認定制度」 です。認定にあたっては、日本工業規格JIS(Q 15001)に基づいて審査を行います。この審査が通れば「プライバシーマーク」が使用できるよということです。
 対象となる個人情報は、顧客情報のみに限らず、社員情報や自社で保有する全ての個人情報について適用されます。

 このように、個人情報の保護方法としては非常に素晴らしいPマーク制度ですが、残念ながら先ほどの取材でも話が出たように、これは取得までには結構コストもかかり、時間もかかります。
 信用は高められますが、多くは個人でやっている治療院にはハードルが高すぎるというのもまた事実でしょう。

(次のページへ)

前へ 123456 次へ


個人情報保護関連の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。