情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 個人情報保護関連 > 療養費請求に危機!? > 療養費請求に危機!?

個人情報保護関連
療養費請求に危機!?
(4/6)
今、治療院を取り巻く個人情報保護の状況はどうなっているのでしょう。何故個人情報の保護が必要なのでしょう。どうやって、個人情報を守っていったらいいのでしょう。
ここに治療院の個人情報保護に対して一つの提案があります。SPマーク制度といいます。

 ―― 現実問題その認識がない先生もおられますよね。何かあった後では遅いのに。

 担当者 「そうです。もう一ついえるのはリスクマネジメントですね。何か事故があった後だと免許取り上げられます、と。その前に、自分の生活を守るためにもリスクマネジメントしなければダメですよ、ということですね。
 たとえば、机にレセプトおいて窓から飛んでいってしまったなんて事になったらどうしますか、ということですね。
 行政側としても、かばってあげたくても、どこからか言われてしまうと、処分せざるを得ない。

 ―― そういった話は結構あるものなんですか?

 担当者 「結構ありますね。一度、警察にまで話がいってしまったことがありました。要するに、本当に個人情報というのは、リスクマネジメントなんです。自分の生活を守るためにあるし、多少のハードルを越えてもちゃんとしていれば、自分の生活も豊かになるということなんですよ。」

 ―― 治療院を守るために、リスクマネジメントは絶対に必要という事ですか?

 担当者 「そうですね。これだけ色々な業界でも情報が漏えいして、行政では大変危機感を抱いているのは事実です。だから行政としても信頼できる相手を求めます。信頼できる相手というのは 『個人情報を適正に扱っているか?』 という当たり前の事が判断材料になります。当たり前の事をやらないからダメなんです。当たり前の事をやっていれば何も問題はないのですから。
 ただそれができてない。

 車の中に書類を置いたままどこかへ行ってしまったり。人間だからつい忘れてしまう事もあるでしょう。しかし個人情報を扱う以上は、それだけでは許されないのです。
 だから対策をする。常に事前にチェックリストを作成して持つだけでも全く違います。こういった対策の一つ一つがリスクマネジメントなのです。」

 ―― 事前のリスクマネジメントが重要であると。

 担当者 「事前だけでは不十分です。リスクマネジメントというのは、起こってしまった事態にも対応できるようにしなければなりません。例えば、リスクマネジメントを考えている治療院さんでは、施術中の事故に対して損害賠償保険に入るような事前策を行っています。これも大事な事であると思うのです。転ばぬ先の杖として、リスクマネジメントは絶対に必要なのです。

 先ほども申し上げたように、行政は今危機感が高まっています。行政のリスクマネジメントとしても、個人情報をずさんに管理していそうな相手とは付き合いたくないというのが本音です。
 今後ますますこういった時代の流れが進むことで、リスクマネジメントができていないところは、行政と付き合いづらくなるのでしょうね。」

*********************************************

(次のページへ)

前へ 123456 次へ


個人情報保護関連の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。