情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 個人情報保護関連 > 療養費請求に危機!? > 療養費請求に危機!?

個人情報保護関連
療養費請求に危機!?
(2/6)
今、治療院を取り巻く個人情報保護の状況はどうなっているのでしょう。何故個人情報の保護が必要なのでしょう。どうやって、個人情報を守っていったらいいのでしょう。
ここに治療院の個人情報保護に対して一つの提案があります。SPマーク制度といいます。

療養費の請求が今大変なことに

 ご存じのように、現在逼迫した国の財政から、医療費や療養費の削減が問題になっています。その一方で、療養費全体の予算が少なくなるにもかかわらず、柔整師の数などは年々増加の一途をたどっています。
 ということで、療養費の支給要件がどんどん厳しくなってきている状況があります。
 なるべく支給を抑えるために、より厳しくチェックをして、ずさんなところから療養費を削っていくようになるからです。

 たとえば、ある治療院が開設届けを保健所に申請に行ったとき、施術所の床面積など一般的な条件の他に、カルテの管理も非常に重要視されたそうです。そしてその院は管理不十分ということで開設届けをはねられてしまったそうです。

 いくつかの社会保険事務局などは、新しく施術院を開いた先生達に個人情報保護の観点から「絶対に保険証のコピーはとらないように」と指導しているそうです。

 そして、別の社会保険事務所では、個人請求をしている接骨院を対象とした集団指導で、個人情報をしっかりと管理していないずさんな接骨院のレセプトは受け取れないと強調されたそうです。

 これらのように、個人情報の保護がどんどん厳しくなっており、たとえ過失であってもこれに違反した治療院はどんどん切り捨てられていくでしょう。

 省庁と取引をする会社にはプライバシーマークの取得を義務づけている省庁もあるといいます。今や小さな治療院であってもひとごとではありません。
 いずれこのような個人情報保護に関する認定を受けない治療院は、療養費の請求が難しくなる時代が来るでしょう。

 某行政の中では、免許証のコピーを不正利用した事実が発覚し、原本確認をすることになった管轄もあるとの情報も寄せられています。確実に行政の対応が厳しいものになってきています。

(次のページへ)

前へ 123456 次へ


個人情報保護関連の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。