日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > やさしくわかる請求業務 > 近接部位の考え方

やさしくわかる請求業務
近接部位の考え方
やさしくわかる請求業務2
近接、つまり近い場所の施術についてです。あまり近い場所を施術した場合は、一方を施術したときに、自然と他方も施術したことになるので、一方の部位しか療養費として請求できません。


 今回は、近接部位についてお話ししましょう。
 近接、つまり近い場所の施術についてです。あまり近い場所を施術した場合は、一方を施術したときに、自然と他方も施術したことになるので、一方の部位しか療養費として請求できませんよということです。

 たとえば、手首(手関節)を施術したとしましょう。このとき、自然とそのちょっと上、前腕の下の方もふれているのではないでしょうか。
 こんな例は、近接部位として判断されて、2部位での請求が認められなくなっています。

● こんな時はどうなるの(一つの例)
 「いたたた、ころんじゃったぁ!」
 この患者さん、どうやらころんで手をついたときに右手首を痛めたようです。
 先生の見立てでは、負傷部位が次の3つになるようです。

  ・右手関節捻挫
  ・右手第一指関節捻挫
  ・右肘関節捻挫

 これらの部位は、それぞれ隣り合ってないので、請求に何ら問題はありません。

 ところが、これを次のようにすると、近接部位と判断されて請求しても戻されてしまいます。似ているようでも違うのです。

 ★1番目の例  右手関節捻挫、右前腕部下部打撲、右手第一指関節捻挫
  この場合、右手関節と右前腕部下部が近接部位になります。

 ★2番目の例  右手関節捻挫、右手第一関節捻挫、右手第五関節捻挫
  この場合、右手第一関節捻挫と右手第五関節捻挫が近接部位となります。「親指と小指だから隣りじゃないじゃない」といわれそうですが、指については、どの指の組み合わせであっても捻挫の場合、近接部位とされてしまうので注意してください。

(次のページへ)

前へ 123 次へ


やさしくわかる請求業務の
関連記事ページ


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
日本治療協会
訪問マッサージ研修
スーパー神経最適化療法セミナー
上田公認会計事務所
メディックス計算センター
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。