日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 訪問マッサージ > 在宅訪問施術の心得

訪問マッサージ
在宅訪問施術の心得
訪問医療マッサージ4
NPO法人日本手技療法協会では、訪問マッサージの研修を実施しております。
今回はこの研修に参加し同行していただいた諸先生を拝見して、私なりに感じたことを述べたいと思います。

 NPO法人日本手技療法協会では、訪問マッサージの研修を実施しております。
 その中で私は施術研修講師を担当しており、その際に研修を受けている先生を、私が受け持つ患者さん宅へ実際に同行していただいております。
 この施術研修は在宅訪問施術の実態を目で見て、肌で感じて頂くこと、時間内で施術を終わらせることに主眼をおいております。
 今まで研修を受けられた先生はすでに開業なさっており、訪問経験がほとんどないという方が大半でした。
 今回は同行していただいた諸先生を拝見し、私なりに感じたことを述べたいと思います。


訪問に際しての服装

 施術研修にあたっては、事前に次の物をご持参いただくようにお願いしております。

 1)白衣持参 2)ジーパン不可 3)靴は革靴、又はそれに準ずるもの。

 さすがに忘れてきた先生は今までにいらっしゃいませんでいたが、気づいた点を述べさせていただきます。

 まず、訪問に際しての服装についてです。
 当然、白衣を着用していただきますが、私の目から見て100点満点の白衣着用をしている人が、今までに一人もおりませんでした。
 研修をお受けになった先生たち全員ケーシースタイルの白衣を着用されているのは良いのですが、買ったばかりで折りジワの付いた白衣の着用の先生、半袖白衣の下に長袖や半袖の色物シャツ類を着用の先生、何日間も着古したような白衣着用の先生。
 それにヨレヨレの綿パンにズック靴、薄汚れた白い靴下。
 こんな姿を見た患者さんはどう思うでしょうか。

 服装面から、訪問施術をどのように捉えてこの研修に望んでいるのかを、大きな判断材料の一つとしております。
 これらは訪問施術のみならず、現在行っている院での治療に対する心構えにも通じるものだと考え、あえてこのようにさせていただいております。
 ちなみに私は2日ごとに白衣を着替えて、夏は肌に直接、冬は白の半袖肌着の上に白衣を着用しております。

(次のページへ)

前へ 12345 次へ


訪問マッサージの
関連記事ページ


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
上田公認会計事務所
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。