特別公開「気をつけよう!請求団体を選ぶコツ」

はじめに
54号から57号の4回にわたって連載しました「気をつけよう!請求団体を選ぶコツ」を特別公開いたします。
ファイル形式はPDF、各パートごとに閲覧できます。
また4号分をまとめてzipファイルとして用意しておりますのでご都合に合わせてダウンロードすることができます。

Part1~part4まとめ [zipファイル 12.9MB]

Part1. 「広告&数字のトリックに迫る!」
独立開業する際に手続きを済ませておきたい保険請求団体との契約。一体どのような基準で選んでいるだろうか? 最近は、格安価格を謳う団体が激増。トラブルも絶えないという。確かに開業にあたって手元のキャッシュは大切。しかし、安易な会社選びのツケは後年回ってくる。「安物買いの…」に陥らないため、失敗を経験した治療家たちの「生の恨み節」に耳を傾けよう。

Part1. 「広告&数字のトリックに迫る!」を読む [5.22MB]

Part2. 「早期入金の活用メリット」
健全な経営の基本、それは毎月のキャッシュ(現金支出&収入)の流れを正確に把握、管理することにある。特に治療院のような小規模の事業でキャッシュ不足が発生すれば、たちまち経営を圧迫し、資金繰りが悪化。破たんへとつながるケースも多い。
では一体どのように対策するのがベストなのか? 一緒に考えてみよう。

Part2. 「早期入金の活用メリット」を読む [2.12MB]

Part3. 「レセプト審査のポイントと対策&入金チェック機能の大切さ」
作成、提出された療養費支給申請書(レセプト)にもし一か所でも不備や漏れ、不適切な記載があれば返戻、再申請となる。そのうえ保険者からの入金の管理、確認を怠るとみ入力金に気がつかぬまま結局損をしかねない。忙しい治療院にとってこれらの作業は、手間が掛る実に厄介な作業といえるだろう。
加入する請求団体によっては、レセプトの事前チェックや相談、入出金チームに関するサービスの充実度合いが大きく異なるという。詳しくみていこう。

Part3. 「レセプト審査のポイントと対策&入金チェック機能の大切さ」を読む [約3.14MB]

Part4. 「こんなときは、思い切って加入している団体を切り替えよう」
これまで3回にわたって特集してきた「請求団体を選ぶコツ」。今回はその最終回。開業時に契約した請求団体を変更し、新たなパートナーを模索することは経営見直しの策として効果大だ。

Part4. 会を変更する際のポイント集 「こんなときは、思い切って加入している団体を切り替えよう」を読む [3.56MB]

お問い合わせ先

電話:03-5296-9055 [平日10:00~18:00]

FAX:03-5296-9056